メインコンテンツまでスキップする
田園風景

廃棄するお米を再利用した「お米のボールペン®です。

ライスレジン®×販促

食用に適さないお米を原料とした
日本発のお米由来バイオマスプラスチック
「ライスレジン®を用いた
純国産ノベルティグッズ

バイオマスマーク認定取得商品

バイオマスマークは、一般社団法人日本有機資源協会によって認定される、植物由来の資源を活用し品質及び関連法規、企画、品質などに合致している環境商品のマークのこと。
お米のボールペン©は全てのプラスチック部分に植物由来原料を10%配合した商品です。

認証マーク
ボールペン
  • 名入れ範囲 W:45×H:4.5mm
  • 商品サイズ 全長143×Φ12mm
  • 最低ロット 100本~
  • 仕様 0.7mm/ノック式
  • インキ色
  • 名入れ印刷 パット印刷/インクジェット印刷/転写(オンデマンド)
  • ※天然素材を使用しているので製品ごとに風合いが異なります。
  • 製造 日本製

ライスレジン®とは

非食用のお米で出来た、エコフレンドリーなプラスチック

SDGs ライスレジン

YSCはライスレジン®製品を通じてSDGsの目標達成を目指しています。

SDGs
SDGs 11 住み続けられるまちづくりを SDGs 12 つくる責任つかう責任 SDGs 13 気候変動に具体的な対策を SDGs 14 海の豊かさを守ろう SDGs 15 陸の豊かさも守ろう SDGs 17 パートナーシップで目標を達成したい
ライスレジン
ライスレジン®

バイオマスプラスチック

規格外・破砕米・屑米・米粉などの非食用の『資源米』を原料とした植物由来のプラスチックです。

耐久性・耐熱性・加工性

一般的な石油系プラスチック樹脂と同等の耐久性・耐熱性に加え幅広い成型に対応できる加工の高さを兼ね備えています。

CO2排出量削減

現在、国内で消費されている年間1,400万トンの石油系プラスチックを全て「バイオマスレジン®」に転換すると、4,400万トンの二酸化炭素削減につながります。
お米のボールペン©では1本あたり3.265g、体積でいうと約1.66リットルの二酸化炭素削減が見込まれます。

“準大賞”を受賞しました!

第63 回インターナショナル プレミアム・インセンティブショー春2021
新製品コンテスト『SPツールコンテスト』部門

受賞 受賞式写真

「ライスレジン®」で実現できるSDGs
ノベルティで社会問題の解決に

日本政府は2030年までに、
バイオマスプラスチック約200万トンの
導入を目指すことが掲げられています。
「ライスレジン®」をノベルティ使用することで
企業活動にSDGsを取り入れることになります。

ライスレジン®ノベルティ製品

本製品は全て日本製

製品情報
稲穂 米

ライスレジン®とは

日本発のバイオマスプラスチック

「ライスレジン」は、お米(非食用)を原材料とする日本発のバイオマスプラスチックです。食用に適さない古米、米菓メーカーなどで発生する破砕米、さらには屑米など、飼料としても使用されず、廃棄されてしまうお米を独自のテクノロジーでプラスチックへとアップサイクルしています。
最大70%お米を含有することが可能で、カーボンニュートラル*によるCO2削減を実現できる地球環境を考えたエコフレンドリーな素材です。

*ライフスタイル全体で見たとき、二酸化炭素(CO2)の排出と吸収量がプラスマイナスゼロの状態になること。

米を資源と捉え、新市場開拓用米制度によりライスレジンの原料米を生産・利用することで、お米の需要創出、耕作放棄地対策、農業収入対策等の地方創生、障がいのある方への多様な働き方支援を軸にした社会的課題の解決を目指しています。

循環型社会への取り組み
循環型社会への取り組み

お米のノベルティ×こども宅食応援団

株式会社YSCは
「独創性あふれるノベルティグッズを通じて
“まだ誰も見たことのない”景色を造りだす」

ことをビジョンに、全く新しいノベルティによる
循環型・持続型社会の実現を目指しています。

「お米を食べる私たちが、お米を捨てない私たちへ」のメッセージパートナーシップの取組として一般社団法人 こども宅食応援団を通して、全国各地の「こども宅食」を行う団体へ「お米のノベルティ」の売り上げの一部を寄付しております。

お米のノベルティ×こども宅食応援団

一般社団法人 こども宅食応援団は、経済的・社会的理由から生活上の困難を抱える子育て家庭に、食品や日用品の宅配を通じてつながる「こども宅食」の取組みを全国に広げるための組織です。

「こども宅食」を行う団体や自治体に対してノウハウの提供や資金助成、寄付品提供による事業立ち上げ支援や伴走サポートを行っております。

こども宅食応援団とは
こども宅食応援団とは 詳しく見る

お問い合わせ

お問い合わせはこちら